幼児英会話のメリットやデメリットを知りたい

幼児期に他言語である英会話を学ぶメリット

国内の英語教育では、大学レベルの英語を学んでも結局私生活の中で会話が出来ないという事はあります。一昔前ならば英語は中学から始めて、大学卒業まで考えれば、合計10年も教育を受ける事になります。

 

テストでは高得点を取ったり、大学受験時にレベルの高い大学を試験で通過したりする人材でも、日常会話すら自信を持って出来ないという例が多すぎます。英会話に関しては、実践機会が無いと難しいもので、机の上で文法や基礎をマスターしても使う機会が無いと会話出来ないのは仕方無いです。

 

幼児期から他言語を学ぶ時は脳が非常に吸収しやすく、幼児期の英会話を学ぶ時はほとんどが実践ばかりです、なので、常に言葉を発して聞くという作業を繰り返し、幼児にとっては語学を学んでいるという構えもなく、自然と赤子が言葉を真似て習得するように身に付けていける可能性が高いです。

 

大人になるにつれて、母国語で脳内で変換して噛み砕いてという作業が自然に行われるようになる方が多いようで、中々この癖を取るのは難しいです。この癖を取る方法としては英語教材のリスニングパワーなど英語の音を1から見直す方法しかありません。その点幼児英会話の場合は、自分が幼少期に日本語を身に付けたように、文法も記述も出来ない段階でも大人や周りの言葉を聞きながら繰り返し真似て、自然と身についていました。

 

3歳位でも充分にコミニケーションが取れますし、5歳にもなれば色々な事を理解して喋る事が出来たり意思表示が可能です。幼児期の言語習得は赤子が抵抗なく言葉を受け取って真似るように身に付けれますし、赤ちゃんから10年かけて日常会話が成立しないという事は中々無い事ですし、抵抗の無い間に言語を身に付けるのは利点が大きいです。

© 2013 幼児英会話のメリットやデメリットを知りたい All Rights Reserved.